パレットへの最適な積み付けをロボットアームにより自動化

ロボットアームの特長
ロボットアーム(産業用ロボット)は、人間の手の代わりに、つかむ・放す・運ぶなどの作業をすることができます。

豊電子工業株式会社のロボットアームにおける技術力により、
積載シミュレーション結果の自動積載が可能になりました。

ロボットアームによる自動化フロー

物流現場におけるパレットへの積載を自動化することで、人件費を低減する取り組みです。

積載する梱包ダンボールやオリコンのサイズ情報(外寸)をバンニングマスターへ取り込みます。
バンニングマスターでは最適な積載方法を計算し、積載すべき位置(座標)をロボットアームへ連携します。
ロボットアームはバンニングマスターが計算した結果に基づき、貨物を自動で積載していきます。

 

ロボットシステムと配電制御からラインビルダーまでトータルサポートする株式会社豊電子工業と、積付自動計算システムを開発してきたネットロックシステム株式会社が協業することで、ロボットアームによる自動化提案を可能にしました。

導入の進め方

バンニングマスターがロボットアーム利用に最適な積付設計ができるワケ
  1. 様々な物流現場に合わせた独自のアルゴリズムを数多く保有しているから
  2. ロボットアームに使う座標を含めて計算しているから
  3. 複数の積載方法を計算し、製品特性・ロボットアームに適した積載方法を選択するから
  4. 新たな積載の相談に対して、過去の知見の積み重ねによるアップデートができるから

事例紹介

  • コンテナ/トラック
  • 幹線輸送
  • 製紙メーカー
  • 建材メーカー
  • ハンディ連携
  • カゴ車
  • TPボックス混載積載